富士薬品のオンラインショップでこんなもの買いました!その9

黒酢は健康にいい、と言うことは多くの方がご存知でしょうが、飲みづらいと言う方もいるでしょう。そんな中、フジタイム黒酢は飲みやすいと評判です。

美味しく飲みやすい「フジタイム黒酢」がおすすめ

数多くある黒酢商品の中でもフジタイム黒酢は美味しく飲みやすいと評判です。その理由は黒酢そのものを飲むのではなく、柿酢、もろみ酢を飲みやすい配合でブレンドし、さらに黒発行ニンニクエキス、甘味を加えるオリゴ糖も入っているからです。
ビタミンB2やビタミンB6などのビタミン類も豊富に含まれていますので、より高い健康効果が望めるのではないでしょうか。1日の推奨摂取量も30mlと決して多くありませんし、好みによって5~7倍に薄めればいいので自分好みの黒酢飲料を作ることができます。
健康にこだわる富士薬品だからこそできた商品と言えるでしょう。
今まで黒酢が苦手で飲めなかったと言う方もこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

「フジタイム黒酢」はe-富士薬品で購入できます

もしフジタイム黒酢の購入を検討しているのなら、e富士薬品を利用してみてください。
配置薬で知られる富士薬品のインターネット通販サイトですから、普段時間がなくて営業の方に会うことが難しいと言う方でも気軽に購入できます。一度黒酢を試してみたいけれどセイムスが遠いと言う方にも便利なサイトでしょう。
1パック1800ml入っていますから、1人で飲むなら2ヶ月ほど持ちますし、家族で飲むことも可能です。家族の健康を気遣う方は黒酢の健康効果だけではなく、黒にんにくの発酵液などを取り入れてみるのもいいでしょう。
お子さんでも飲みやすいと評判のフジタイム黒酢ですから、朝の忙しい時間に1杯だけ、夜寝る前に、など都合のいい時間帯に家族で飲むのもいいのではないでしょうか。
フジタイム黒酢は健康食品に分類されており、e富士薬品でも人気となっているのです。

フジタイム黒酢は健康を気にする方や、家族の健康を気にかけたい方に人気です。スッキリしたい方や元気でいたい、と言う方は一度e富士薬品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする