富士薬品のオンラインショップでこんなもの買いました!その6

仕事や受験勉強をしている時、長距離のドライブをしている時、突然眠気に襲われる事があります。こういう時は適度に休憩をはさむのが理想ですが、そうもいかない時は富士薬品のネムカットがおすすめです。

受験勉強や残業など頑張る時には「ネムカット」

受験勉強や仕事で残業をしなければいけない時、あと少しで終わるのに眠気が襲って来るとそこで集中力が途切れてしまいます。こういう時は15分から20分程度の仮眠を取るだけでも頭がスッキリしますが、仮眠を取る時間や余裕がない時は、富士薬品のネムカットが役立ちます。
ネムカットは眠気を覚ましたい時に便利なドリンクです。1本100mlと飲み切りやすいサイズだし、炭酸が入っていない爽やかなレモンジンジャー味だから、後味もスッキリしています。100mlの中には、カフェイン120mg、ナルコユリ、エゾウコギ、トウガラシ、ショウガの4種類のエキスと、ビタミンB1とB6を配合しているから、健康にも配慮したドリンクとなっています。1日1本を目安に多飲は避けます。

「ネムカット」を買うならe-富士薬品で

ネムカットは、富士薬品のオンラインショップで買うことができます。ネット申込ができるからとても便利ですし、信頼と実績のある富士薬品が製造販売しているので、安心して試せます。カフェインの摂り過ぎはよくありませんが、適量なら頭をスッキリさせる効果が期待できます。ネムカットがあれば、あと少しだけ頑張りたい時も頼もしい味方となってくれるでしょう。
眠気覚ましドリンクの多飲は体に負担をかけますが、ネムカットなら1箱6本入りだから、常用ではなく、イザという時の秘策として使うにはちょうどいい量です。黒と黄色の斬新なデザインも、眠気を覚ましてくれそうな力強い印象です。休みたいけど休めないという時は、富士薬品のネムカットを試してみてはいかがでしょうか。

ネムカットは、後もう少しだけ頑張りたいという時におすすめです。仕事や受験勉強、ドライブなど幅広く使えるのがポイントです。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする