口内炎になったら良質なビタミンB群をバランスよく含む「キャミレールプラセンタ」

口内炎の原因はいくつかありますが、主な原因はビタミンB群が不足している事です。口内炎ができやすい人は慢性的にビタミンB群が不足している可能性があるので、サプリメントで補うのがおすすめです。

口内炎になったら

口内炎がよくできるという時、考えられる原因はいくつかあるのですが、その多くはビタミンB群が足りていない事です。ビタミンBには、B1やB2、B6やB12というようにいくつか種類があり、それをまとめてビタミンB群と呼んでいます。ビタミンB群は種類により、働きは異なりますが、不足すると皮膚や粘膜の代謝が低下して、口内炎ができやすくなってしまいます。
口内炎ができるという事は、ビタミンB群が不足しているサインと考える事ができます。食事からも補えますが、口の中が荒れている時は、食事ができない事もあり、必要な栄養を上手く補えません。こういう時に便利なのが、富士薬品のオンラインショップで買うことができる、キャミレールプラセンタです。

良質なビタミンB群を摂るには富士薬品の「キャミレールプラセンタ」がおすすめです

キャミレールプラセンタには、主成分のプラセンタの他に、ビタミンB群とビタミンEを配合しています。プラセンタには成長因子が含まれているので、細胞の働きを活性化させ、ビタミンB群が不足した時に起こる、代謝の低下をサポートします。さらにプラス配合されたビタミンB群と、抗酸化作用が高いビタミンEを同時に摂取できるから、口内炎改善と予防に役立ちます。
プラセンタは美容成分としても知られていますので、キャミレールプラセンタを取り入れれば、口内炎を予防しつつ、美容面でも役立つ成分を効率よく補う事ができます。キャミレールプラセンタには、女性に役立つ必須脂肪酸の一種、γリノレン酸も配合しているから、皮膚の健康を保つのに役立ちます。

キャミレールプラセンタは、e-富士薬品から簡単に注文できます。定期購入なら割安になるから、プラセンタを毎日の美容習慣にしようと思ってる人にもおすすめです。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする