スッキリした毎日のために頼りになります富士薬品の「牡蠣エキス粒S」

75820fa42c101f17ab487406b42226f0_s

オルニチンはシジミに含まれる成分の事です。アミノ酸の一種で、肝機能をサポートする作用や、エネルギー生産をサポートする作用があります。
もともと体内に存在していますが、年齢とともに減少していきますし、お酒をよく飲む人は積極的な摂取が必要です。

元気な毎日に大活躍!オルニチンとは

お酒をたくさん飲む人は、シジミの味噌汁を飲むと良いと言われています。これはシジミに入っているオルニチンに、肝機能をサポートする働きがあるからです。
オルニチンはエネルギー生産をサポートする働きもあるので、忙しい毎日を送っている人や、活動的に過ごしたい人にもおすすめです。
ただし毎日シジミの味噌汁を飲むというのも難しいですし、シジミを料理で食べる場合は、大量に食べないといけません。
毎日続けるのは現実的ではありませんから、手軽にオルニチンが摂取できるサプリメントが便利です。

スッキリした毎日をすごすために富士薬品の「牡蠣エキス粒S」がおすすめです

牡蠣エキス粒Sは、富士薬品のオンラインショップから購入できます。
栄養価が高く海のミネラルを豊富に含む濃縮牡蠣エキスと、オルニチン、滋養強壮のスッポン粉末、疲労回復に役立つうめエキスが配合されています。どれも健康維持には欠かせない成分ですし、それを一度にバランスよく摂取するのは難しくなります。
毎日続けるという事を考えても、牡蠣エキス粒Sはとても便利です。
1日4粒から6粒を目安にしますが、量は体調に合わせて調整できます。
牡蠣エキス粒Sは、元々食品に含まれる成分を厳選していますから、安心して毎日の習慣にできます。飲むタイミングも特に決まっていませんから自分にとってベストなタイミングを見極めてください。お酒を飲む前や、夜寝る前がおすすめです。
従来品よりもカプセルを細くしているから、飲みやすくなっています。

e-富士薬品から購入できる牡蠣エキス粒Sは、120粒入りとお得な550粒入りがあります。どちらも送料無料だから、好きな方を選べます。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする