スリムと美しさをキープするなら富士薬品の「アルファリポQ10」

ai_img_7769_tp_v

アルファリポQ10は、富士薬品のオンラインショップ、e-富士薬品から手軽に購入することができます。定期便にすると割引価格になり、毎月決まった時期に届くから続けたい時に便利です。

エネルギーの産生を助けるα-リポ酸・コエンザイムQ10・L-カルニチンのトリプルパワー

いくつになっても美しくありたい、女性らしさを維持したいと考える女性は少なくありません。しかし年齢とともに美しさや女性らしさを維持するために必要な成分は、どんどん減少していきます。これは誰にでも起こることですが、不足している成分はサプリメントで補うのがおすすめです。
女性らしさや美しさを維持するには、心身ともに健康である事も大切です。元気に毎日を過ごすにはエネルギーが欠かせません。エネルギーを作るために必要なのは、コエンザイムQ10、L-カルニチンやαリポ酸です。これが一度に摂取できる、アルファリポQ10はとても便利です。

スリムと美しさをキープするなら富士薬品の「アルファリポQ10」がおすすめ

アルファリポQ10には1日に、エネルギーの源になるコエンザイムQ10が100mg、糖質を燃やす時のサポートをするαリポ酸が200mg、脂肪を運ぶために大切なL-カルニチンが200mg摂取できます。これだけでなく、女性の美しさや理想のスタイルを維持するのに役立つ、黒胡椒抽出物4mgと、ビタミンB群をプラス配合しています。1日に4カプセルでこれだけ贅沢な成分を、手軽に摂取できるのです。
年齢とともに基礎代謝が低下するので、エネルギー不足になりがちです。こうなると必要な物は減り、余分な物が増えてしまいます。それを解消する時に、アルファリポQ10が役立ちます。スポーツをしている人、美容面で役立てたい人、忙しくて食事が不規則になってしまう人には特におすすめです。エネルギーを作り、美しさと若々しさをサポートする効果が期待できます。
年齢とともに基礎代謝の低下や、美容成分の減少により、女性が求める美しさを維持するのは難しくなってきます。そういう時はアルファリポQ10がおすすめです。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする