体内の免疫力を高めたいなら富士薬品の「霊芝顆粒」

e89f9a940a56f7bcd4506ae6f7c9496c_s

漢方種類でよく耳にするのが霊芝ですが、富士薬品にも霊芝を使用した製品があります。
霊芝とはどのような効果があり、富士薬品の霊芝顆粒にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

霊芝の健康パワーにびっくり!!

万年茸とも呼ばれる霊芝はマンネンタケ科の1年生で、系統により形が変わります。コルクのような肉質にニスがかかったような光沢ある外観が特徴で、平べったい茶色いきのこがよく映し出されています。
古代中国において霊芝の効能がすさまじいと皇帝への献上が義務付けられていたほどで、官吏へのわいろとしても使われてきました。毒性もなく長期的に使うことができる霊芝はめまいや乾き、鼻水に鼻血、胃の不快感やかゆみ、血便といった副作用があるものの長期間の私用でなければ問題ないとされています。
ではどのような効果が期待できるのかと言うと、免疫力アップや血圧の安定、さらに癌予防や成長抑制などが言われています。

富士薬品の「霊芝顆粒」で霊芝を手軽に

富士薬品から販売されている霊芝顆粒は健康維持目的で採るといいとされています。霊芝を厳選し、濃縮エキスを抽出、手軽に飲むことができるのが霊芝顆粒です。
原材料には霊芝の抽出エキスだけではなく、トウモロコシでんぷんやオタネニンジン抽出物などほかの健康にいいとされている成分も含まれています。
1箱あれば1カ月ほど飲み続けることができますので、霊芝顆粒の効果を実感するには十分でしょう。霊芝顆粒は健康食品の中でもサプリメントに位置付けられていますので、継続して飲み続けることが大切です。
また富士薬品のオンラインショップであるe富士薬品でも1箱から購入することが可能です。
1箱購入すれば送料も無料になりますので、ドラッグストアやセイムスで購入するのと同じ金額で済みますし、天候に左右されず家にいながら霊芝の健康効果を確かめることができるでしょう。
健康が気になる、年齢による体の衰えや血圧が気になるという方は試してみてはいかがでしょうか。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする