インフルエンザ対策なら富士薬品で購入できる「ふんわりぴったりプレミアムマスク」

インフルエンザは予防接種をしていても、100%感染は防げません。予防効果を高めるには、マスクも役立ちます。ふんわりぴったりプレミアムマスクは、富士薬品のオンラインショップから購入できます。

インフルエンザ予防に有効なのはマスクです

インフルエンザは普通の風邪に比べて、かかるとかなり辛い思いをします。感染力も強いので、大流行しやすいのも厄介なところです。予防接種も有効ではありますが、さらに予防効果を高めるために、マスクを使う習慣を付けるのがおすすめです。
インフルエンザウイルスなど風邪の原因となるウイルスは目に見えません。インフルエンザは、くしゃみや咳をした時に飛んでくる飛沫感染により感染する可能性が高いのです。多少の違いはありますが、ウイルスが飛ぶ距離は咳で3m、くしゃみでは5mとされているので、近くにインフルエンザに感染した人がいて、くしゃみや咳をしていたら気づかない間にインフルエンザに感染してしまいます。でもこの時マスクをしていれば、ウイルスを吸い込む事を防げるので予防になります。

インフルエンザ対策ならウイルス飛沫を99%カットしてくれる「ふんわりぴったりプレミアムマスク」がおすすめです

マスクにも種類がありますが、ふんわりぴったりプレミアムマスクなら、細菌やウイルスなどの飛沫を99%カットするフィルターを採用しているから、インフルエンザ予防に役立ちます。ふんわりぴったりプレミアムマスクに採用されているフィルターは、PM2.5や花粉もカットするので、他の目的でも使えます。
長時間の使用でも耳が痛くならないよう、幅広で柔らかい耳紐を採用し、素材もふわふわとして柔らかいシルキー素材の不織布です。アルミ製のノーズガードが付いているから、可能な限り隙間をなくし、ウイルスをカットする事ができます。

ふんわりぴったりプレミアムマスクは、1箱に60枚入っていて3箱セットだから毎日交換してもしばらく使えます。e-富士薬品から簡単に注文できるからとても便利です。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする