富士薬品でなら「Cut and Slim低糖質パン」が買えます!

02416a0a40885bfdd22be9a198cffe4b_s

今世界中で注目されている、糖質制限ダイエットは、糖質を制限するという方法です。日本人の主食である米やパンは糖質が多く含まれているので、制限対象も多くなります。

低糖質食品について

糖質は摂りすぎると肥満の原因になります、そこで糖質の量を制限する糖質ダイエットが注目されたのですが、ほとんどの主食を制限しなければいけないため、食べたい物が食べられないといいうストレスが増えます。糖質制限ダイエットと言っても完全に糖質をカットするわけではないので、特別仕様で低糖質に作った食材を選べば、食べたい物を我慢しなくても済みます。

最近は糖質制限ダイエットも人気が高まっていますが、食べられないストレスも増えています。それに対応すべく登場したのが、低糖質パンです。

気になる「Cut and Slim低糖質パン」

富士薬品のオンラインショップでは、食品なども購入できるのをご存知でしょうか。その中に、Cut and Slim低糖質パンがあります。小麦ふすまと大豆粉を主原料にした事で、通常のパンよりも糖質を大幅に減らす事ができます。食物繊維は豊富だからダイエットにも役立ちますし、原料を変えてもしっとりと、もっちりはきちんと再現しているので、美味しくて食べやすいパンに仕上がっています。

当質量はご飯が1杯あたり55g、普通の食パン6枚切り1枚で26.6gも含まれています。これを角砂糖に換算すると、ご飯は11個、食パンは5.3個分にもなってしまいます。Cut and Slim低糖質パンなら1個あたりの糖質量は12.6g、で角砂糖に換算しても2.5個だから、パンが好きな人もストレスなくダイエットが続けられます。通常よりも67%糖質をカットしていて、プレーン、クリーム、チョコレートの3種類から選べます。

毎日日替わりで食べてもいいし、好みによって味が変われば楽しくダイエットが続けられます。ロングライフ賞味期限にしているから、オンラインショップでまとめ買いしても長持ちするから安心です。12個入りだからたっぷり食べられます。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする