爽やか!!富士薬品の「ウコンドリンク」

1a90eb19bb6d89fe708882c5855b4c79_s
お酒を飲む前に飲むといいとされているのがウコンですが、ウコンには確かに肝臓を守る働きがあるとされています。富士薬品からもウコンドリンクが販売されていますが、どのような特徴があるのでしょうか。

ご存知ですか?ウコンの健康効果

ウコンはお酒を飲む人だけではなく、美容を気にする人、健康を気にする人にも取っていただきたいものです。

その効果を一つ上げると消化を促す力が挙げられます。胃腸がウコンの精油成分によって強くなり、胆汁や胃液の分泌がスムーズになります。中でも春ウコンの精油成分は秋ウコンの6倍におなりますからカルシウム、カリウムも通常の6倍取ることができるのです。食物繊維も含まれていますので便秘解消につながり、有害物質の排出につながります。

そして何より知られているお酒への効果ですが、クルクミンという成分が秋ウコンに豊富に含まれており、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解が促されます。

ほかにも生活習慣病や癌予防、排毒に消炎効果、うつ病や筋肉疲労、骨粗しょう症の改善効果が見られます。また、クルクミンはさらに美肌効果にダイエット効果があるため女性の強い味方なのです。

ウコンを摂るなら富士薬品の「ウコンドリンク」

富士薬品のウコンドリンクはウコン独特の苦みがなく、後味がスッキリしていると口コミでも評判です。お酒を飲む人はもちろん、毎日の健康を気にする方にもぴったりです。

ウコンドリンクに使われているのは秋ウコンですからクルクミンの含有量が豊富ですし、ほかにもビタミンB6やナイアシン、イノシトールといった成分でお酒を飲む機会が多い人や美容を気にする人、病気対策をしたい人を全面的にサポートしてくれます。お酒を飲む前に飲んでもいいですし、お酒を飲みすぎたとき、健康を気にするときに飲むと効果があるとされています。

10本セットとなっていますから、接待でお酒を飲む機会が多い人にもぴったりです。

お酒で体が壊れるのではないか、最近肌の調子が悪い、ダイエットをしたい、健康を気にしたいという方はぜひ富士薬品のウコンドリンクをチェックしてみてください。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする