富士薬品でGet!「寿楽プレミアム」

健康と若さをいつまでもキープしたい、そんな方から支持を集めているのが富士薬品の寿楽プレミアムです。パワーアップしてリニューアル発売された寿楽プレミアムについて見てみましょう。

美容と健康をサポートしてくれる寿楽プレミアム

寿楽プレミアムは健康と美容を体の中からサポートしてくれるサプリメントです。その成分にはポリフェノールの仲間であるレスベラトロールがあります。赤ワインなどにも含まれる成分で、健康スイッチを入れてくれることで知られています。さらにポリフェノールは活性酸素を除去することでシワやシミなどを予防してくれるとも言われています。
また最近話題の若返り成分プラセンタはクレオパトラやマリー・アントワネットも愛用したと言う、ビタミン、ミネラルが豊富な成分です。プラセンタには細胞を活性化する効果が期待でき、化粧品としても注目されています。

美容成分だけじゃない!DHA・EPA配合で健康もサポート

寿楽プレミアムに含まれているDHAやEPAは魚離れしかかっている日本人の健康志向を刺激するのに十分な効果を持つ成分です。イワシやサンマなどの青魚に多く含まれるDHAやEPAは血液をサラサラにする成分と言われており、以前は頭をよくするとして知られていました。
健康効果が高いと言うことで再注目された成分ですが、生活習慣病予防にも役立つと言われています。健康に留意したい方にはぴったりの成分と言えるでしょう。
寿楽プレミアムには低温真空抽出法と言う特許製法で抽出されたDHA、EPAが使用されています。天然由来のビタミンをそのまま含有し、酸化しづらいため、DHA、EPAの健康効果を享受できると期待できます。
魚の栄養素そのものを体に取り入れることができますので、寿楽プレミアムはいつまでも若く健康でありたい、美容に気を使いたい方から支持されています。

ほかにも寿楽プレミアムにはDPAやコエンザイムQ10といった美容、健康成分がたっぷり含まれています。いつまでも若々しく、健康でありたいと言う方は一度寿楽プレミアムを購入できるe富士薬品をチェックしてみてください。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする