富士薬品でGet!家族でたっぷり使える保湿クリーム!「薬用クリームフジファミリー」

36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a_s

寒い季節はただでさえ空気が乾燥しますから、手荒れや肌荒れが気になります。特に手は何かと荒れやすいので、ハンドクリームを使う機会も増えます。しかしベタつくと他の作業がやりにくいので、ベタつかずサラっとしたつけ心地のものがおすすめです。

寒くなってくると大切なのが肌の保湿

寒い季節は空気が乾燥してくるので、肌も乾燥しやすくなります。子供は肌のバリア機能が弱いので、手荒れや肌荒れを起こしやすいです。乾燥は大人も気になりますから、こういう時家族みんなで使える保湿クリームがあると便利です。でも塗った後にベタベタするクリームは使いにくいと感じてしまいます。
クリームのように多少ベタつくくらいの濃厚さがないと、冬の乾燥には対処出来ません。こういう時は、ベタつかずにしっとりする使いやすいクリームがあると便利です。薬用クリームフジファミリーなら、子供から大人まで家族みんなで使えるし、少量でも伸びがよく、塗った後のベタつきも気にならないからおすすめです。

家族でたっぷり使える保湿クリーム!「薬用クリームフジファミリー」

薬用クリームフジファミリーは、富士薬品のロングセラー商品のひとつです。肌に栄養を与える効果が期待できる、アミノ酸やビタミン、ミネラルをたっぷり配合しています。さらに肌の潤いを守るために、炎症を防ぐグリチルリチン酸ニカリウム、血行と代謝を促進させる酢酸d-αトコフェロール、保湿力が高い尿素とアルゲコロイドを配合しています。
肌に負担をかけない弱酸性で、付けた後もベタつかずにサラっとしているからとても使いやすいです。香料や着色料は使用していないから子供の肌にも安心して使えますし、肘や膝、踵などカサつきやすいところにも使えます。発売以来10年以上続くロングセラー商品です。
薬用クリームフジファミリーは、富士薬品のオンラインショップ、e-富士薬品から購入できます。家族みんなで使うと大容量でも減りが早いから、お得な4個セットもおすすめです。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする