富士薬品でGet!「プライベートビューティー ハンドクリーム」

36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a_s

毎日の水仕事や、仕事柄何度も手を洗わなければいけないような時は手荒れが気になります。こういう時ハンドクリームの選び方で効果も変わってきます。

ハンドクリームは・・・

日常的に水仕事をする人は、何度も手を洗うため手荒れを起こしやすくなります。家事の時だけという場合はゴム手袋をすれば手荒れを防げますが、ゴム手袋ができない場合は手が荒れ放題になってしまいます。こういう時はハンドクリームでのケアが欠かせません。でも種類によってはベタつきが気になり、結局洗い流す事になります。これでは意味がありませんから、使用感やテクスチャーも重要なポイントです。

もちろんただベタつくだけでは意味がありませんので、手荒れを改善し防ぐ事が出来るかどうかも重要です。手に使う物は食品に触れる可能性もあるから成分なども見極めなければいけません。

かわいい!「プライベートビューティー ハンドクリーム」

いろんな面でオススメなのが、富士薬品のプライベートビューティー ハンドクリームです。手荒れは乾燥も原因となりますので、感想を防ぐ事も大切です。プライベートビューティー ハンドクリームには、プラセンタエキス、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、セレブロシドなどの美容保湿成分を贅沢に配合しています。これで手に潤いを与える事ができます。

他にもシア脂、アロエベラ液汁、モモ葉エキス、グリセリン、アロエベラ葉エキス、尿素といった手荒れを防ぎ、乾燥から守る保湿成分をバランスよく配合しています。安全性を考えて合成ポリマー、合成着色料は使用していません。荒れている手にも使えるように優しい処方にしています。

プライベートビューティー ハンドクリームは、付けた後もベタつきません。チューブタイプのパッケージには水森亜土さんの可愛い猫のイラストが描かれています。練り香水のような優しい香りと、可愛いパッケージと、配合している効果に癒されるハンドクリームです。富士薬品のオンラインショップからも購入できます。

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品の紹介

株式会社富士薬品は1930年2月に富山市で創業した配置薬販売事業がはじまりです。その後1954年4月に当時、得意先が多かったさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。1969年5月に株式会社に組織変更、株式会社富士薬品となりました。

積極的に販路を広げ、日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置。現在では顧客戸数は350万軒にのぼり、配置薬の分野では業界第1位の企業となっています。(松岡修造さんのCMでおなじみのあの配置薬です!!)

また、医薬品の研究開発や製造事業にも取り組んでいることも大きな特徴です。株式会社富士薬品では1986年2月、富山県婦負郡婦中町(現富山市婦中町)に富山工場を建設。同年3月、総合胃腸薬「富士胃腸薬」の自社生産を開始しました。この富山工場ではプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産を行っているそうです。

さらに1991年8月、医薬品研究開発部門を設置し、研究所(現 第一研究所)を埼玉県大宮市(現さいたま市)に新設 。ここでは高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売を開始しています。

このほかにも富士薬品ではドラッグストア事業も手掛けています。全国に展開する「ドラッグセイムス」がそうです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国に758店舗あるそうです。

また、ドラッグストア事業のほかにも調剤薬局も運営しています。病院と患者との間に立ち、「かかりつけ薬局」としての役割を担うような調剤薬局を目指しているとのことで、地域医療に貢献すべく、地域に密着した健康づくりを提案するなど、積極的な活動を行っています。

このように、株式会社富士薬品は、配置薬販売事業とドラッグストア事業という2つの販売チャンネルと、それを支える医薬品製造事業という製販一貫体制のビジネスモデルを持つ「複合型医薬品企業」として業界をリードしています。

シェアする

フォローする